海外でスマホは定額?格安SIMは?モバイルwi-fiが便利?

以下の記事の中で、持っていくと便利グッズに、海外モバイルwi-fiと書きました。

海外旅行には何を持っていくべき?あると便利な持ち物リスト

2018年6月18日

海外でネットが使えるのと使えないのでは旅行の快適さがまるで違いますからね。


予め国内業社でレンタルして持っていくと本当に便利です!


しかし、海外で安くネットを利用しようとすると、もっと手段はあるようで、ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMスマホユーザーでも事情が異なって来るようです。


私が直近で海外旅行に出かけたのは2017年6月で、1年近く間が空いておりましたので、改めて最新の海外でのデータ通信事情をまとめて見ました。

今持っているスマホ海外でネットにつながる?

海外でネットを使うケースってめっちゃ多いです!

スマホを使うタイミング
  • googleマップで行先までルート案内
  • 翻訳アプリでコミュニケーション
  • きれいな景色や映えるスイーツ者の写真をSNSにアップ

旅行では何かとスマホを利用する機会は多いのです!


ではあなたが普段使用しているスマホは、海外でネットにつながるのでしょうか


大手キャリアの場合と格安SIMの2パターンご紹介します。

大手キャリアスマホの場合

大手キャリアのスマホの場合、基本プランの中に”海外ローミングサービスというものが含まれています。


海外ローミングとは、大手キャリア3社が旅行先の国にある通信事業会社と提携を行っており、その提携先の通信事業会社を選択した場合に限り、「海外定額制」の対象となります。


これで1日にどれだけネットを利用しても上限の金額は固定されます。

注意
定額はデータ通信に限ります。通話に関しては国際電話扱いなので高いです

各キャリアで2種類の海外データ通信サービスが用意されているようです。

  NTT docomo au ソフトバンク
2段階
定額サービス
海外パケ・ホーダイ 海外ダブル定額 海外パケットし放題
  • 1,980円/1日
    (約24.4MBまで)
  • 2,980円/1日
    (約24.4MB以降)
  • 1,980円/1日
    (約24.4MBまで)
  • 2,980円/1日
    (約24.4MB以降)
  • 1,980円/1日
    (25MBまで)
  • 2,980円/1日
    (25MB以降)
新型
定額サービス
パケットパック海外オプション 世界データ定額 アメリカ放題
980円/1日 980円/1日 地域限定で無料

 

メリットとしては手続きが簡単であることや料金体系がシンプルでわかりやすいと言うことでしょう。


デメリットとしては端末ごとに利用料金がかかるため、家族旅行などで全員が利用するとなると、家計全体では結構な出費になる可能性があります。

ドコモとauの新型定額

これまで、海外で利用する際の定額サービスは2段階制定額が一般的でした。


しかし2014年9月9日にソフトバンクが「アメリカ放題」をスタートさせたのを皮切りに、2016年7月にauが「世界データ定額」、2018年3月15日にドコモが「パケットパック海外オプション」と言う新型のサービスをスタートさせています。


2段階制定額では、一瞬でもネットにつながると(ライン1通でもグノシーの更新でも)最低1,980円の料金が発生し、使用量が約25MBを超えると2,980円になると言うものでした。


確かに定額制は安心なのですが、毎日約3,000円かかるとなると、長期の旅行だと地辛いですよね。


それに対し新型定額である「世界データ定額(au)」、「パケットパック海外オプション(ドコモ)」は1日あたり980円の定額で、国内でのデータ定額プランの容量分で利用できるというものです


例えば国内で7GB上限のプランにしている場合、その上限がそのまま海外でも適用されます。


月末の旅行の時には少し注意しなければいけないかも知れません。


旅行中に上限に達した場合は当然速度制限がかかるわけですが、日本と同じように通信料追加することも可能です。

格安SIMスマホの場合

格安SIMスマホには、実は大手キャリアのような”海外ローミングサービス”がありません。


厳密にはあるのですが、データ通信は対象にならないのです。


つまりネットは出来ません。


「通話は出来ますよ」というだけなのですが、当然国際電話扱いなので高いです。


では格安SIMキャリアは海外では使えないのか。いえ、そんなことはありません!


海外で格安スマホを利用する方法を2つご紹介します。

格安SIM①:国内で海外対応のSIMカードを購入しておく

MVNO業者は海外対応のSIMを販売しています。国内で予め海外SIMを購入しておいて、現地についたらSIMカードを挿し直すだけです。


人気の海外SIMカード

楽天モバイル「海外SIM」
データ通信と音声通信(通話&SMS)対応。対象国は180カ国以上。

グローバルSIM TACT
データ通信と音声通信(通話&SMS)対応。対象国は約200カ国。

IIJmio 海外トラベルSIM
データ通信と音声通信(通話&SMS)対応。対象国は42ヶ国と少ないが料金一律。

トラベルSIMデータ
データ通信と音声通信(通話&SMS)対応。150カ国以上対象。

MightySIM(マイティーシム)
データ通信のみ対応。対象国は160カ国以上が対象。料金体系はパック料金のみで大容量ほどお得。

注意

LINEは通話&SMSが利用できるSIMでないと使えません。

上記のうちMightySIMではLINEが使用できないので注意が必要です。

格安SIM②:旅行先でSIMカードを購入する

現地のSIMを購入すれば現地のプランを利用できますので、1ヶ月以上の長期滞在だと圧倒的に割安です。


ですが、手続きの際に現地の言葉で話せない場合に多少苦労しそうです。


特にマイナーな国になればなるほど、英語も通じなかったりしますからね。


海外に慣れていて、出張などで長期滞在する人向けであると言えるでしょう。

大手キャリアスマホで格安海外SIMで使うには?

普段大手キャリアを利用されている方でも、海外SIMを利用する方法は有ります。

  • 旅行用にSIMフリー端末を購入する
  • お手持ちのスマホのSIMロックを解除する(キャリア、端末ごとに条件あり)

格安simは料金体系が複雑ですので予めきちんと比較しておくことが必要です。


また、3,000円前後の初期費用がかかるので、1泊2日の旅行などだと逆に高くつく可能性があります。


ただ、プリペイド式であることから使いすぎる心配は無いですし、旅行の日数や、渡航の目的などで柔軟に料金を考慮することができるところが便利です。

海外でスマホを使うならモバイルwi-fiもおすすめ

大手キャリアも、格安SIMも、今や海外対応が進みかなり安くなっています。


モバイルwi-fiなんて荷物になるだけだし、必要ないじゃ無いか!


いえいえ決してそんなことないんです!


なぜなら大手キャリアのプランも、格安SIMも、あくまで個人向けであるからです。


家族旅行などどうでしょうか?


中学生でも小学生でもLINEを使う時代ですから、スマホを使うのは1台だけで収まるはずもありません。


複数台をネットにつなげるモバイルwi-fiがあると非常に便利です。

人気の海外モバイルwi-fi

人気の海外モバイルWi-fi

GLOBAL wi-fi
対象は200ヶ国以上。1日あたり300円〜1,970円。250MB,500MB,1GB/1日

イモトのwifi
対象は200ヶ国以上。1日あたり690~1,880円。400MB,500MB,1GB/1日

Wi-Ho
対象は200ヶ国以上。1日あたり390~2,180円。250MB,500MB,1GB,無制限/1日

海外モバイルwi-fiに関しても、料金体系は結構複雑ですので、日数、渡航先などでしっかり吟味したほうが良いです。

【海外】モバイルwi-fiのメリット2つ

海外旅行へモバイルwi-fiを持っていくメリットは主に2つあります。

モバイルwi-fiのメリット
  • 端末1台につき5台までつなげて割り勘でかなり安くなる
  • 1週間以内の旅行の場合は格安simより安くなる場合も

端末1台につき5台までつなげて割り勘でかなり安くなる

モバイルwi-fiは、基本的にどの会社でも1台に対して、端末5台をつなぐことが可能です。


お友達と旅行に行った場合は割り勘にすれば1日当たり数百円で収まることも!


経済的ですね!

1週間以内の旅行の場合は格安simより安い

1人での旅行や出張でも、1週間以内の旅行であればモバイルwi-fiは格安simよりやすくなることが多いです。


格安simは初期費用が3,000円前後かかりますので、1日当たりの通信費がいくら安くても短い期間の旅行だと元が取りにくいです。

【海外】モバイルwi-fiのデメリット2つ

モバイルwi-fiのデメリットも2つあります。

モバイルwi-fiのデメリット
  • シェアの場合は常に一緒にいる必要がある
  • 移動に時間がかかる渡航先は損するかも

シェアの場合は常に一緒にいる必要がある

1台の端末でシェアしている場合は、常に一緒にいる必要があります。


wi-fi端末の近くにいないと使えないですからね。


2グループに分かれて行動とかしにくいです。

移動に時間がかかる渡航先だと損するかも

移動に12時間とかかかる渡航先だと損することもあります。


なぜなら移動時間も余分に料金が発生するからです。


基本的に出発前に国内空港でレンタルするので、移動日も料金に加算されます。


渡航先の到着ロビーに受け取りカウンターを設けている会社もあるので、下調べしておきましょう。

海外でもスマホの通信料を気にせず快適に過ごそう!

今回は海外旅行に行く際にネットをつなぐためには、大手キャリアスマホの場合、格安SIMスマホの場合、海外モバイルwi-fiの場合のパターン別でまとめました。


料金をできる限り安く抑えるには、

  • 何人で行くのか
  • 渡航先はどこか
  • 何泊何日なのか

という情報を元に、大手キャリアのプランなのか、格安SIMなのか、モバイルwi-fiなのかを判断しましょう。


通信料に気を取られていては、楽しむハズの旅行も楽しめないですよね。


事前にしっかり研究して、海外旅行を満喫しましょう!